ブリの漬け

初釣りの釣果でたくさんでたブリ(メジロ・ハマチ)のアラ、端身。

ブリ大根は2回、アラ煮1回作りました。これで大体片付いたわけです。

昨晩が最後のブリ大根。合わせて、ブリのカマを塩焼きにして食べました。

ブリ大根には、ブリの身は殆どはいていないのですが、中骨にたくさん身が残っていますので、集めると結構な量になります。



 

奥さんは骨から身をはずすのをめんどくさがりますので、大概私の仕事。老眼鏡をしてはずしてあげます。

端身のうち、最初の段階で出たものは、鍋や赤出汁の具として使うことが多いですが、サクをとったり刺し身を作るときに出来る端身は漬けにすることが多いです。

平造り位の厚さに切って、漬け汁につけて置きます。大きな切り身もこの漬け汁につけておくと、照り焼きより味の濃い焼物になります。

切り身の方は、次の日に漬け丼、そのままお酒のあてに食べたりして、残ったものは生姜を加えて冷凍しておきます。

もう一品何か欲しいというときに、取り出してフライパンで焼くとご飯のお供、お酒のあてが出来上がります。

奥さんは専らご飯のお供に、私はお酒のあてに。。。

身を崩して、ネギと一緒にご飯に混ぜて混ぜご飯もおいしいです。

釣った魚はおいしく食べてあげるのが私のモットーです。

コメントは受け付けていません。